「秋田風土記」

テヅカイチロウイイタイホウダイ

きてヨカッタ。秋田は、地方は
イナカは、こんなだった。
30代の人が吉祥寺から秋田にかえり、
アメリカでみたクラフトビール
BARをヒラク。内装はお酒の
倉庫をスケルトンにして、天高のアル
男っぽいつくり、イーストビレッジの
ハズレにポツンとあるカナア。道から
50cmは高い木の床づくり、カウボーイ
でもあらわれそうなBAR
劇団をやっている女性がフタリ。
ヒトリは学生、ヒトリはOL。いっしょに
いた、秋田地酒のスタンティング「サケ、バル」
の女性店長は酒豪のようだが、
「私がホルモン焼きに入ると
オジサンタチ ジッとみるのヨネ」
という。秋田には若い人が夜
いくトコロがなかったという。
他にも、東京だったらヨクアリソウな
バルにも若い人がいっぱいいた。
寒い雪のナカマチに人影は
ナイ。ナゼヒトはコキョウ
に帰るのだろう。ナゼソコに
生きるのだろう。
このBARは酒の倉庫のリノベーション。
太平山の小玉さんが、「マチのタメに
コワサナイデ活用しよう」と思った
らしい

PAGE TOP